気になる情報

【史上最強寒波】北海道内陸(陸別・占冠・川湯)で最低気温マイナス30℃の予報!陸別町はどんな町?2019年2月8日(金)、2月9日(土)

2019年2月8日(金)と2月9日(土)に『平成大寒波』と称される史上最強寒波がやって来ます。

特に北海道の内陸(陸別・占冠・川湯)では最低気温が−30℃以下の予報に!その中でも陸別が特に寒くなると予想されています。

北海道の内陸(陸別・占冠・川湯)の2月8日、9日の気温の予報や、北海道の陸別町はどんな町なのかを調べました。

 

北海道内陸(陸別・占冠・川湯)の2月8日・9日の天気予報

2019年2月8日(金)

陸別 晴れ/くもり -11.5/-32.4
占冠 くもり/晴れ -13.0/-31.6
川湯 晴れ/くもり -12.5/-30.7

 

2019年2月9日(土)

陸別 晴れ/くもり -7.7/-32.9
占冠 くもり/晴れ -8.0/-30.9
川湯 晴れ/くもり -8.5/-31.9

 

内陸(陸別・占冠・川湯)は金曜~土曜にかけて2日連続で-30℃以下になる予想です。

その中でも陸別の土曜日の-32.9℃が最低ですが、晴れて風が弱くなるなどの条件次第では-35℃以下になる可能性も!




北海道・陸別町はどんな町?

北海道足寄郡陸別町は、北海道東部のほぼ中央に位置する。

日本一寒い町・陸別」を観光の目玉にしていて、1月の平均最低気温は−20.2℃、平均気温は−11.4℃でアメダスで最も低い数値です。

今のところアメダスで観測された過去最低気温は2000年1月27日の−33.2℃で、アメダスが無かった時代では1978年2月17日に-38.0℃が過去最低気温。

1番寒いと予報されている2月9日(土)にはアメダス史上最低気温を更新する可能性もありますね!

陸別町はこの寒さを活かして、寒さを耐寒するイベント「しばれフェスティバル」や、寒さ日本一のランキングを集計したり、稀にオーロラも見えることがあるそう。

北海道旅行にあえて寒い陸別町に行ってみるのも面白いですね☆

日本一寒い町!北海道の陸別町とは?観光やふるさと納税を紹介!2019年2月8日(金)と2月9日(土)に『平成大寒波』と称される史上最強寒波がやってきます。 特に北海道の内陸では最低気温がマイ...

【史上最強寒波】北海道内陸(陸別・占冠・川湯)で最低気温マイナス30℃の予報のまとめ

おそらく平成では最後の『平成大寒波』という史上最強寒波がやって来て、北海道の特に内陸部の方はすごい寒さになります。

現地の方は慣れているかもしれませんが、関西在住の私には想像の限界を超えた気温!!

寒波が過ぎ去って、春が待ち遠しいです♡

以上、【史上最強寒波】北海道内陸(陸別・占冠・川湯)で最低気温マイナス30℃の予報の記事でした。







ABOUT ME
aimiisan
兵庫県在住の30代。1歳の息子を育てるあいみーです☆ 食べること大好き!ディズニー大好き!妄想大好き! 子育て・お役立ち情報など日々感じたことを発信していきます♪