気になる情報

サッカーアジアカップ出場国のトルクメニスタンはどんな国?ランキングや注目の選手は?

サッカーのアジアカップが開幕して、日本の初戦はトルクメニスタンですね!

ところで「トルクメニスタンってどんな国?」って思いませんでしたか?私も初めて聞きました。

今回はトルクメニスタンとトルクメニスタン代表の注目選手についてまとめてみました。

トルクメニスタン

基本情報

首都:アシガバート

公用語:トルクメン語、ロシア語

大統領・首相:グルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフ

人口:520万人(2012年時点)

通過:トルクメニスタン・マナト(TMM)

旧ソビエト連邦から1991年10月27日に独立した国家なので、ロシア語も公用語になっているみたいですね。

また憲法規定により大統領が首相も兼任するようになっています。

特徴

中央アジア南西部に位置する共和制国家で、カラクム砂漠が国土の85%を占めていてます。

国民のほとんどは南部の山沿いの都市に住んでいて、豊富な石油天然ガスを埋蔵していて、その輸出のおかげで経済は潤っているようです。

ガスや水道、電気、医療国民は無料で利用できるみたいです。

西側でカスピ海に面し、東南がアフガニスタン、西南にイラン、北東をウズベキスタン、北西はカザフスタンと国境を接する永世中立国となっています。

 

観光


この国では、民族色が色濃く残っている為、美しい色や柄の民族衣装を身に付けた人々によく出会えるそうです。

写真撮影のお願いをしたらよい記念になります。日本でいう京都の舞妓はんと記念撮影のような感じですね☆

長期独裁政権が続いていたには町に大統領の巨大な金の像があったそうです

地震で崩壊したアシハバードの町を石油マネーで白大理石作りの美しい町並みに蘇らせたり、煌びやかで豪華なモスクを建造したり、驚くべきエピソードがたくさんあるので、それを知ったうえで観光すると面白いですよ。

中でも中央アジア最大にして最高の美を誇るトルクメンバシー・モスクは、55mの高さのある金のドーム屋根と4つのミナレットを持ち豪華さでは他のどのモスクにも勝る評判です。

にも世界遺産の中央アジア最大の仏教遺跡・メルブ遺跡やホラズム王国発祥の地である世界遺産都市・クフナウルゲンチなどもあります。




 

最大の観光名所!地獄の門

 


1971年にソ連の地質学者が、トルクメニスタン国内のダルヴァザ付近のボーリング調査をした際、ガスを発見することができたものの、その過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径50〜100mにもなる大きな穴が開いてしまい、有毒ガスの放出を食い止めるため、仕方なく点火することになったが、可燃性ガスが地下から絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となったそうです。

その後、この穴を住民が『地獄の門』と名づけたそうです。

この天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難で、天然ガスの埋蔵量自体が不明で、今後いつまで燃え続けるのかもよくわかっていないようです。見た目や音の迫力がすごいので、今ではトルクメニスタン最大の観光スポットともなっています

調べてみると、見応えのある観光スポット揃っていますね!

 

トルクメニスタン代表のFIFAランキングは?

127位(2018年12月20日発表時点)

 

W杯に出場した事もなく、日本にとっては完全に格下の相手なので、しっかり完勝して欲しいですね!

 

トルクメニスタン代表の注目選手は?

 

特別注目選手はいませんが、強いて言うならチェコのスラビア・プラハ所属MFルスラン・ンガゾフ選手です。

 

おわりに

知らない国について調べてみると、驚くような歴史や素晴らしい観光スポットが知れて楽しかったです☆

初めて聞く国出てきたら調べてみようと思います

 

以上、アジアカップに出場するトルクメニスタンについてのまとめでした!



ABOUT ME
aimiisan
兵庫県在住の30代。1歳の息子を育てるあいみーです☆ 食べること大好き!ディズニー大好き!妄想大好き! 子育て・お役立ち情報など日々感じたことを発信していきます♪